TOP > 会社概要 > 業務内容
コピー・各種印刷・大判出力
  オンデマンド印刷  
大判カラーコピー・大判モノクロコピー
CADデータ・各種データー・大判カラー出力
大判ラミネート・小型ラミネート
大判カラースキャニング
小型カラー・小型モノクロコピー、印刷
各種製本サービス
   印刷データについて  

五反田TOC店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17
五反田TOC B1F
TEL: 03-6420-0100
FAX: 03-6420-0606
(3Dプリンタに関するお問い合わせは
五反田TOC店までお願いします。)

平塚店(本社)
〒254-0016
神奈川県平塚市東八幡4-6-5
TEL: 0463-21-0875
FAX: 0463-21-0142
お問い合わせ
業務内容
   
   
大判カラーコピー・大判モノクロコピー
 
大判コピー機によるポスターサイズ出力が可能です。
大判カラーの図面や詳細な地図、カラーポスターやイラスト等をフルカラーコピー。
大判カラーコピーシステムでカラーペンやマーカーで書き込まれたモノクロ図面も大判カラーコピーできます。
A4サイズの原稿を拡大大判カラーコピーして、A0サイズ等の大判ポスターにできます。
高速な大型モノクロコピーにより、大判図面の等倍コピーはもちろん、拡大・縮小コピーにも対応します。
大判カラーコピーや大判モノクロコピーなら弊社におまかせください。
ポスターサイズのカラーコピーが可能です。]
スピード対応いたします。
 
CADデータ・各種データー・大判カラー出力・ポスター出力
 
大判カラーの図面や詳細な地図、カラーポスターやイラスト等をフルカラーコピー。
大判カラーコピーシステムでカラーペンやマーカーで書き込まれたモノクロ図面も大判カラーコピーできます。
A4サイズの原稿を拡大大判カラーコピーして、A0サイズ等の大判ポスターにできます。
高速な大型モノクロコピーにより、大判図面の等倍コピーはもちろん、拡大・縮小コピーにも対応します。
大判カラーコピーや大判モノクロコピーならタイムトゥデイにおまかせください。
 
   
大判ラミネート・小型ラミネート・名刺サイズからA1サイズまで対応
     
 
大判ラミネート機導入 ホットラミネート、コールドラミネートが可能です

最大ラミネートサイズ A1  最小ラミネート名刺サイズ

フィルム厚さ 100ミクロン 38ミクロンの2種類

厚さ6mmまでのハレパネ等への片面コールドラミネートが可能です。厚さ20ミクロン

カール防止装置を備えており、平坦に仕上げます。
 
大判カラースキャニング
幅914mmのスキャン幅を持つ大型カラースキャナーで大判原稿を
フルカラースキャニング。

保存画像形式もTIFF・JPEG・PDF等、幅広く対応。
社内のペーパーレス化や電子納品に伴う、紙図面や書類のスキャンに最適です。
もちろんスキャン後の印刷・製本もサポートいたします。
小型カラー・小型モノクロコピー、印刷 品質はオフセット品質並み
 

A3までの小型のコピー機もカラーコピー/モノクロコピー取り揃えています。オフィスや会議で使う書類等の大量のコピーも対応いたします。
両面コピーももちろん可能です。
紙の種類は普通紙の他にも、クリーンルームでの使用を考えたクリーンペーパーや
OHPフィルムへのコピーも可能です。
ラミネート加工にも対応します。
社内資料やマニュアルのコピー、お店のチラシやメニューの作成等にもお使いください。

 
各種製本サービス
 
金文字製本・観音製本・中綴じ製本・オリジナルバインダー製本・ビニール製本

用途に合わせて図面や書類を製本します
現場で使う観音製本、竣工図や完成図書の金文字製本などの製本に対応。
大判図面を折り込んでの製本やインデックスも作成。
 
   
アパチャーカードのスキャン
 

アパチャカードは、スキャンステーション3700を使ってスキャンします。
1時間で最大660枚の連続スキャンが可能で生産性の高い安定したアパチャカード専用の
スキャナーです。

アパチャカードは優れた保存媒体ですが、スキャンして電子化すれば検索しやすくなり
扱いやすい状態になります。
もちろん電子化したデータを出力することもできます。

ファイル形式はTIFF、PDFに対応しています。価格等に関しましてはお問い合わせください。

 
 
印刷データーにつきまして
 
データーの種類
adobeアプリケーションは常に最新版を使用しております。
Office2013
Adobe Illustrator CC(2014)
Adobe Photoshop CC(2014)
Acrobat DC PDF
その他Adobe社製アプリケーションに対応しております。

Illustratorの場合必ずフォントをアウトライン化してください。
PDFの場合フォントを埋め込みしてください。
その他のデーター形式の場合はお問い合わせください。

WORD EXCELに対応 バージョンは常に最新版を使用しております。
(PDF化推奨)