TOP > 3Dプリント > 3Dデータのチェック・確認・検証とお見積につきまして
3Dプリンター
  3Dプリンター 出力例   
  アクリル造形 超高精細3D出力  
  石膏フルカラー造形  
  アクリル光造形   
  3Dデーター作成  
  3Dデータの任意編集の奨め   
  3D造形物の軽量化と補強  
  ブーリアン  
  データチェックとお見積までの流れ  
   3Dデーター編集・修正・エラーチェック  
対応サイズとデーター形式
  素材の特徴   
生産設備について
ご注文の流れ
  出力費用(価格)   
FQA よくある質問
  3D フリーソフト(無料アプリ)紹介   
  3D CGソフト CADソフトの紹介   
3D プリンタ販売
平塚店
〒254-0016
神奈川県平塚市東八幡4-6-5
TEL: 0463-21-0875
FAX: 0463-21-0142

3Dプリンタに関するお問い合わせは
五反田TOC店までお願いします。

ショールーム
五反田TOC店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17
五反田TOC B1F
TEL: 03-6420-0100
FAX: 03-6420-0606

営業時間 (土日祝日を除く)
AM9:00-18:00

お問い合わせ
     
お見積までの流れ
   
   3Dプリンンター出力サービスのお見積には複数の見積工程があります。
お客様に正確なお見積もりを提示するため弊社では下記の工程でお見積もりを行います。
お客様の3Dデータ出力設定により、エラーが軽減又は無くなる場合もあります。
詳しくはお問い合わせください。
 
 3Dデータのチェック
   1. データチェック作業  
   2. エラー数と種類の確認  
   3. エラー修正に掛かる時間を予測  
   4. 造形時間と使用材料の量を専用ソフトで計算  
   5. サポート材の量と除去費用を計算  
   5. データ修正費用+サポート材除去費用+出力費用(お見積)をお客様に提示 *1  
   *1 石膏出力の場合サポート材はありません。*2  
   *2 含浸材(造形物の補強材)を浸透させる作業を行います。  
     
   FDM形式で出力をご希望の場合サポート形状を作成することをお勧めします。  
   詳しくはこちらをご覧ください。  
   3Dモデルの配置  
   3Dモデルを出力する際に配置レイアウト及びモデルの向きで、
出力コストと造形後の造形物の反りやサポート材の除去に影響します。
弊社ではお客様の要望と造形物の用途を考慮して、モデルの配置と向きを最適化します。
 
   配置例 1  
   欠点

1. 高さ方向が多くなり造形時間が増える(コスト増)
2. サポート材を多く消費(コスト増) サポート材除去に時間がかかる。
3. 薄物造形物の造形後に反りが出やすい配置。
 
   
     
   配置例 2  
   長所

1. 高さ方向が低くなり造形時間が短い。(低コスト)
2. サポート材の消費が少ない。(低コスト) サポート材除去が容易。
3. 造形後の反りが出にくい。
 
   
     
   その他 (別途お見積が必要な場合)  
   展示台  
   アクリルケース  
   展示用照明  
   名称プレート(ステンレスエッジング製・アルミ(アルマイト処理)製・アクリル裏彫)  
   多種多様な名称プレートが製作可能です。 詳しくはお問い合わせください。 担当 田沼  
     
  3D printout Service TimeToday Inc.